歯科医師就活

女性歯科医師にとってベストな職場とは……

更新日:

はじめに

歯学部の学生の半数以上が女性になった昨今の時代において、女性歯科医師にとっての最適の職場とはどんな職場でしょうか?

女性にとって「結婚後も仕事を続けるには…」「仕事と子育ての両立を可能にするためには…」「女性にとって好ましい働き方は??」を真剣考える時代になってきました。

女性には結婚・妊娠・出産・育児など女性ならではの悩みと生き方があります

男性中心社会から男女平等の社会に変わっている現在、働き方にも女性ならではの長所を活かした働き方というものがあるように思います。

女医にとって理想的な働き方について一緒に考えてみましょう!!

女性歯科医師にとってベストな職場とは……

1、女性歯科医師のキャリアアップの悩み

品川女学館の校長先生が、大学卒業後の6年間で28歳までに社会人としてのキャリアを積んでいくことを目標に女学生たちに教育をしているということを述べられていました。

出産という大仕事を控えている女性にとって、出産後に第一線に復活するためには、大学卒業後に6年間は必死にキャリアを積むべきだという持論を持たれているようでした。

歯科医師と一般企業とでは多少の違いがあるにしても、出産後に出産前と同じレベルでの復帰を考えているのであれば、出産前にどれだけ頑張って成長していたかが大切になってきます。

出産後には、時間的にも精神的にもいっぱい、いっぱいになりがちです。そんな時に頼りになるのが、出産前までの努力の蓄積ではないかと思います。

時間と環境はいつまでも同じ状態ではありません。時間的にも精神的にもきつくなる時のために、男性よりも早い時期から準備をしておく必要があります。

「成功の神様には後ろ髪はない」と言われています。
すれ違った後に後悔しても、次のチャンスを待つしかないのです。

何かが起こる前にきちんと準備をしていた人にだけ、チャンスはやってきます
働く女性には、限られた時間を有効に使いながらキャリアアップしていって欲しいですね。

女性歯科医師のキャリアアップの悩み

2、雇う側の女医に対する見方、偏見

経営者側からすると、女性は結婚と出産があるので、勤務してもすぐに辞めていくから「できるだけ男性を採用したい!」と考えている院長は少なくありません。

そして、女医を採用する際は、結婚の予定があるかとか、入社3年間は子供を作らないことをお願いしたりして、早期の退職を避けようとする医院もあります。

そういう誓約書を書かせたり、口頭で約束する医院もありますが、法的には何の制約もありません。

以前は男尊女卑的思考で、女性よりも男性の方が優秀だという先入観がありましたが、今では、一般的には「男性よりも女性の方が優秀な人が多い!」と考えている経営者の方が多いです。

口腔外科のように外科が中心の治療においては男性の方が信用されやすいというメリットはあるかもしれませんが、歯科医院をサービス業と考えるのであれば、男性よりも女性の方が細やかな心配りができる点でも女性の方が適している職業かもしれません

雇う側の女医に対する見方、偏見

3、女性歯科医師が直面する可能性がある仕事を続ける障害

  1. 結婚・夫の転勤などによる退職
  2. 妊娠・出産による休職、退職
  3. 育児による休職、退職
  4. 保育施設さがしの困難
  5. 職場でのパワハラ、マタハラ
  6. 家族の病気の介護

女性歯科医師が直面する可能性がある仕事を続ける障害

4、女性歯科医師にとっての理想的な職場とは

それでは、女性歯科医師にとって理想的な職場とはどんな職場なのでしょうか?

(1)産休育休制度が整っている

女性にとって最大の障害が、出産に伴う退職や休職ですので、産休と育休の再度が整っていることが大切になってきます。

何をもって制度が整っているかを判断するかは難しい問題でもありますので、産休や育休を使用している人がどれくらいいるかで判断することになるでしょう。

産休育休後に職場復帰している人が多いということは、自分もそうできる可能性が高いということにもつながります。

(2)体力的に無理のない診療体制がある

若い時なら、予約がびっしり埋まっている診療体制が良かったかもしれませんが、子育てと平行して働くことなどを考えると、体力的に無理をしない勤務体制が好ましいでしょう。

女性は「腰痛もち」の人が多い点でも、歯科の診療における姿勢は腰に負担がかかりやすいので、保険治療が主体で腰にも過度の負担をかけるほどの勤務体制は長く続けることができない場合もあるでしょう。

(3)自費治療が中心でゆったりした診療ができる

(2)とも関係しますが、保険治療を中心で数をこなす体力的にしんどい診療体制よりも自費治療が中心の勤務体制の方が、体に負担が少ないです。

その点、矯正治療は体力的にも女性歯科医師にとって最適な診療スタイルかと思います。

(4)人間関係が良好である

この点は女性に限ったことではないかもしれませんが、男性の場合は、女性よりも「仕事は仕事」と割り切れる人も多いですが、女性の場合の方が、人間関係で悩む人が多い傾向にあるため、仕事以外の余計な悩み事は少ないほうが好ましいでしょう。

女性歯科医師にとっての理想的な職場とは

☆まとめ

いかがでしたでしょうか?
今では、「男性よりも女性の方が優秀だ!」ということが通説のようになっています(笑)
そういう意味でも、女性をきちんと活用できる組織が発展していくのでしょう!

ワークライフバランス」という言葉がありますが、仕事もプライベートも充実した人生にしてください。応援しています!!

歯科医師衛生士の求人-南青山デンタルクリニック,You矯正 広島駅前医院

-歯科医師就活
-,

Copyright© 歯科就活カフェ(リクデン) , 2018 All Rights Reserved.